レーシック手術は合併症になる危険はある?

レーシック手術には合併症の可能性はあります。といっても重大な症状はほとんどありませんのでご安心ください。時間の経過とともに回復するものや、ほとんど起こらないものがほとんどです。
具体的にどんな合併症があるのかご紹介します。

■一時的な過矯正
レーシック手術の後、視力はしばらく不安定なのですが、一時的に近くが見えにくい遠視になってしまうことがあります。特に、強度の近視を治療した場合には起こりやすいようです。

■乱視
角膜を削るレーザーがずれてしまうと、手術後に乱視になってしまうことがあります。手術中に眼球が動いてしまうことで起きてしまうことが多いのですが、眼球の動きを追尾してレーザーの照射位置を修正してくれる機器もあります。そういったクリニックであれば安心です。

■フラップの形成不全
これは、フラップを作る際にカンナのような機器を使う術式の場合に起こりえます。といっても、未熟な医師が行った場合に起こり得るというレベルで頻繁に起こることではありません。また、イントラレーシックというレーザーでフラップを作る術式では起こりません。

■角膜拡張症
レーザーで角膜を薄く削りすぎてしまうと、眼圧に耐えられなくなった角膜が歪んでしまうということがあります。非常にまれな合併症ですが、強度の近視を治療した場合には起こりやすくなります。角膜に十分な厚さを残している限りは問題ありません。


このように、レーシック手術にはいろいろな合併症が発症するリスクはあります。ですが、重大な事態になる確率は非常に小さいですし、きちんとしたクリニックで手術を受けることで、そのリスクをさらに小さくすることができます。レーシック手術をしっかり勉強して、より安全に手術ができるようにしましょう。