レーシック手術後、スポーツや仕事はいつからできますか?

レーシック手術後、スポーツや仕事など、色々な活動を開始できるのはいつからか、気になりますよね。
レーシックは、角膜を薄い蓋(フラップ)状に削り、その下の角膜を削る手術です。

フラップを戻して保護にしますが、このフラップがしっかりと治癒するまで、何かの拍子に動いてしまうことがあります。これを避けるために、レーシック手術後には医師から運動を避けるように言われます。
医師の指導を守って、しっかりと目をいたわっていきましょう。

■スポーツを開始できる時期

クリニックによって多少の差はありますが、大体、術後は以下のように指示されるようです。

・日常生活の中での動き
 →翌日から全般にOK
 ただし、目に力が入るような力仕事は避けましょう

・ゴルフ、ジョギングなどの軽い運動
 →1~2週間後からOK

・水泳や野球、サッカー、格闘技などの激しい運動
 →1ヶ月からOK


■仕事への復帰時期

一般的に、翌日から仕事はできます。ただし女性は、3日たつまで目の周囲のメイクはできませんので、注意して下さい。
また、レーシック手術を受ける前には、一定期間コンタクトレンズを外しておく必要があります。コンタクトの影響を受けていない角膜の様子を見る必要があるためですが、外す期間にはコンタクトレンズの種類やクリニックの方針によって3日~3週間ほどと大きな幅があります。コンタクトレンズをして仕事をしている場合は、術後よりも、事前にコンタクトを外している期間の方が大変かもしれません。

・外回り

手術翌日から運転はできますが、夜間の運転にはレーシック手術後特有のハローやグレア(ヘッドライトや街灯のにじみ、ぎらつきなど)が出ることがありますので、しばらく夜間は運転しないようにして様子を見るようにしましょう。

・肉体労働

仕事の復帰時期は、職種によっても差があります。肉体的に、運動といっていいほど大きな負担がかかる仕事の場合は、軽いものなら2週間、ハードな肉体労働であれば1月ほどの休養が必要になってしまうでしょう。

・デスクワーク

パソコンなどを使う、目に負担の大きいデスクワークはなるべく避けて下さい。手術後、1週間ほどは目を疲れさせないようにして仕事をしていきます。