子供の視力低下

子供の視力は低下していても本人が気づいていないことがあります。視力が低下して視力回復が必要な子供は、以前より視力が低下していてそのままに放置されていることが考えられます。

通常、大人の方が視力が低下する時は徐々に低下してきますが、子供の場合は成長段階にあることから、視力が低下するスピードも成長の早さと同様に早く進行します。
この為に視力低下した子供の多くは、以前より見えにくくなっていることに気付くことなく、視力回復や視力矯正が必要になります。


子供は脳の発達が10歳ぐらい迄にほぼ終えるように、目の機能は3歳頃から6歳頃にかけて成長が終えると言われます。視力の低下した子供の多くは、成長の著しい時期に同様の速さで視力低下が進行します。

そのスピードは、半年ほどの間で視力が低下すると言われています。このことから子供の目の成長に合わせて、視力が低下していないか注意深く見守る必要があります。
このことを考えると、子供本人には気付かないことがありますので、親が定期的に視力検査へ連れて行くことが望ましいでしょう。できれば成長の早い時期は、半年に一回程度の間隔で視力検査を行いましょう。

視力が低下すると、これからの子供の成長にも関わりますし、何より子供に負担が掛かりますので、子供の行動を良く見守り、会話の中から視力低下していないか、それを感じ取りましょう。が多く生活の中で、教室の黒板の文字が見えにくいことはないか、その他の物が見えにくくなっていないか、それとなく家庭内で子供と会話の中で見守りましょう。