子供の眼の負担になる生活環境

近年は、生活環境などの影響で視力回復が必要な子供の数が増えています。これは、小学生頃の子供がめがねやコンタクトレンズなどで、視力矯正を行ってい子供が増えていることです。

視力矯正が必要になった子供が多くなった原因は、どこにあるでしょうか。また、視力矯正が必要とならないためにはどの様にすれば良いでしょうか。

まず考えられる原因はポータブルゲームで夢中になって遊んでいることです。

ポータブルゲームが原因と考えられる理由は、眼との距離が近すぎる、ゲームをする時の姿勢がうつぶせや仰向けの為悪い、十分な明るさがない、ゲームに夢中になるとまばたきが少なくなりドライアイになる、眼の視野の範囲が狭くなり移動距離が少なくなり眼の運動機能が低下するなど、眼に負担の掛かる状態が多くあります。
ポータブルゲームだけが悪いのではありませんが、眼に負担の掛かる状況が長く続きます。

また、この他では家の外で遊ぶ子供が少なくなったことがあります。最近は危険が多いことから外へ出る機会が少なくなっていることで、遠くの物を見ることが少なくなっています。また、外へ出ないことから、自然に触れることが少なくなっていることも考えられます。

これらの日常の生活の中で、子供が眼の負担を抱えないように、環境を変えることが大切になります。子供の視力が低下して、視力回復が必要になったり視力矯正が必要になると、子供にとっては大変な負担になります。また、視力の回復には大変なことになりますので、子供の眼にとって負担のない良い環境を作ってあげましょう。