視力低下を招かない環境作り

子供の視力低下が表れ、近視が進み視力回復が必要になる前に、その子供にしてあげられることがあります。それは眼の負担となっている眼の疲労を取り除いてあげることです。

眼の疲れた状態が続くことは、視力低下を招く一番の原因になりますので、眼の疲れを取り除くことが大切になります。子供は学校で勉強して家に帰ってからも宿題や勉強をして、眼を一日中使って疲れた状態が続いています。


この子供の眼の疲れた状態を回復させるためには、早く就寝することが望ましいです。また、宿題や勉強の時間やゲームで遊ぶ時間も決めて行い、食生活においても眼によいとされる栄養を食事から摂るようにします。
眼によい栄養素はDHAやビタミンを積極的に食事で摂ることで、視力低下を抑え回復を促します。

眼の疲労は眼を酷使して起こるだけではありません。視力回復が必要な子供の多くは、精神的に疲れている子供やストレスに悩まされている子供が多いことです。
子供がストレスを感じることは、学校の部活や塾などの習い事で毎日忙しくしていると、それがストレスとなる事があります。また、このような忙しい毎日を送っている生活環境の中で、運動不足になっていることも眼の疲労に繋がります。

ストレスの発散方法は大人の場合と同じで、何かに夢中になるようなことを行う事で、特に子供の場合は身体を動かすことでストレスを発散できます。
休日には家族で身体を動かすようなスポーツを行うなど、子供の視力低下を招かないようにするためにも、このような環境を増やしましょう。