スーパーイントラレーシックとレーシック

レーシック手術は、最近では視力回復のための治療としてかなり有名なものとなってきています。実際に手術を受けたという方、周囲にそういう人がいらっしゃるという方も多いのではないでしょうか。
レーシック手術を実際に受けた人たちを見てみても、かなり安全性の高い手術であるということが分かります。すでにレーシック手術を検討している方も、多いですよね。

このレーシック手術の中に、「スーパーイントラレーシック」という方法があります。これは、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。
通常のレーシックとスーパーイントラレーシックの違いについてみていく前に、レーシック手術について確認しておきましょう。

レーシック手術の一番の特徴としては、術後の視力回復の早さがあります。また、回復効果そのものや、手術自体の安全性などに関しても、信用のおけるものになってきました。
効果の出方に関しては個人差がありますが、大体の方が、コンタクトや眼鏡などの視力矯正器具を使用しているのと同じくらいのところまで視力が回復するといわれています。


では、実際の具体例として、数字を見ていくことにしましょう。
東京にあるレーシック手術で非常に有名な病院として、「品川近視クリニック」があります。ここで発表している、レーシック手術後翌日までに視力が回復する人たちの割合は、実に8割にも上っています。
それほど、レーシック手術の技術力は上がっているといって過言ではないでしょう。

レーシックの手術では、翌日までに1.0程度まで視力回復をした人たちの割合が8割になるというデータが、「品川近視クリニック」から発表されています。


ここでは、レーシック手術のほかにも、スーパーイントラレーシックという、まだ都市部でしか受けることの出来ない特殊なレーシック手術を受けることが出来ます。
なかなかまだ一般的に浸透していないということで不安を感じる方も多いと思いますが、通常のレーシック手術に比べて大きなメリットがたくさんあるのです。


まず、通常のレーシック手術で8割と言われている回復率が、スーパーイントラレーシックでは1.0以上になる人が9割以上、というデータが出ています。
実際にスーパーイントラレーシックを受けた人たちの平均視力が、なんと1.65。これは、すごい数値であるといえるのではないでしょうか。

ただ、もちろんこの数字が全員に保証されているというわけではなく、個人差があります。
これについては、手術をする前に実際にクリニックに言って、事前に検査をすることをオススメします。


また、この手術は通常のレーシック手術に比べて安全性も増していると言われています。
その理由は、通常のレーシック手術とは使用しているレーザーが違っているからです。高性能のレーザーを利用していることで、施術にかかる時間が大幅に短くなり、感染症にかかる確率も圧倒的に低くなりました。
目自体にかかる負担も少ないので、副作用が起きにくいというのも、安全性を高める要因の一つですね。

最寄の病院でスーパーイントラレーシックを施術できる病院があるのであれば、是非施術をオススメします。