レーシックの感染症事件について

確かに、病院選びには注意しておくことが大切です。
レーシック価格競争の激化によって、経営の苦しい眼科では衛生管理が行き届いてないところもあるからです。
危機管理の出来ていない病院にかかってしまうと、よからぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。


東京にある中央区保健所が、銀座にある「銀座眼科」という病院での事件を発表しました。この病院では、2009年までの間、639人の患者のうち67人を、感染症のトラブルに巻き込んでいたのです。
18歳から66歳まで年齢は様々ですが、いずれも感染性角膜炎や結膜炎になるなどの、深刻な感染症を引き起こしていました。


この事件の最初の被害が明らかになったのは2008年10月ですが、驚くべきことにこのとき院長は、感染症の存在を知っていながら、何も対処をしなかったのです。
結局、それまで病院内で使用していた治療器具の消毒を行う機器を新しいものに替えた結果、感染症の患者は発生しなくなっています。

このように、病院側の対応一つで、未然に防ぐことが出来るトラブルもあるのです。


ですが、基本的にはレーシックはとても安全な手術であり、都市伝説のように言われている「レーシックで失明した」なんてことは1件も起きていません。
レーシックの大手である、品川眼科クリニックや神奈川アイクリニック、錦糸眼科、神戸クリニックなどでは、もちろん感染症なども1度も起こしていません。

あまり噂に惑わされないように、自分に合った眼科クリニックを選びましょう。